【++ひっかけ問題第一弾++】


・エベレスト・

まず、「エベレストと10回言ってくださいッ!」と言う。
そしたら相手は「エベレスト、エベレスト、……(以下略)」と言います。
相手が言い終わった瞬間に「自動に上り下りする階段は?」と、問いかけてみましょう。
すると「エレベーター!」と、間違えればそう言うはずです。
間違えた相手に対して、あなたは「エスカレーターだよ〜ん」と言い返しましょう。
言葉の違いはどうでもいいんですけどね、問題の主旨さえあっていれば(笑

ちなみに、正解される確率は高いと思います。


・リース・

こっからちょっと省略します。M(_ _ ;
A「リースって10回言って!」
B「リース、リース…(以下略)」
A「シャンプーの次にするのは?」
B「リンス!」
A「おいおい…答えは、お湯だよ…」

微妙〜(ーー;


・ライオン・

A「5メートルの鎖にライオンがつながれていました。さて、そのライオンは何平方センチメートルまでの草を食べる事ができるでしょう?」
B「37.5平方センチメートル?」←計算したら、多分こうなる。
A「……ライオンは肉食動物だから、草は食べんよ…」

ってな具合です。これは結構引っかかる人いると思います。


・カエル・

A「お父さんカエルはケロケロケロ、お母さんかえるはケロケロ。さて、子供はなんてなくでしょう?」
B「ケロ」
A「ブー!!おたまじゃくしだから鳴くはずないじゃんか!」

これは…当たる確立はちょっとわかりません…M(_ _


・占い屋・

A「ある店の看板に「表だけ」とかいてあります。その店は何の店?」
B「表だけの店…?」
A「表の反対は?」
B「裏?…あ、そっか!「占いの店!」言い換えれば「裏ない」!」
A「「表だけ」だから、「裏」がないからね!」

これも不明…。ただ、自分は思いっきり考えてもわからなかったんですけどね(←バカ


・デザートはなにご?・

A「ティラミスはイタリア語、カフェオレはフランス語。では、デサートはなにごでしょう?」
B「英語かな〜?」
A「ブー、食後。英語じゃないよ〜ん」

これも、知っている人は知っているでしょうね。


・バスタクシー・

A「オレが言ったあとに、必ずバスタクシーって言ってね」
B「おっす。」
A「静岡」
B「バスタクシー」
A「東京」
B「バスタクシー」
(以下略)
A「僕、たけし」
B「バス、たけし〜…ってあぁぁっぁッ!!」

ってな具合に引っかかってくれたらいいんですけどね。
人の引っかかり方も、人それぞれです(笑


・シンデレラ・

A「シャンデリアと10回言ってください。」
B「シャンデリア、シャンデリア…(以下略)」
A「毒リンゴを食べさせられたのは?」
B「シンデレラ…って、あ…」
A「白雪姫だよん」

これも、あまり引っかかる人はいないでしょう…多分。


・最初にとったのは?・

A「今日はあなたの誕生日です。まず、ピザをとって、次にすしをとって、その次にフライドチキンをとりました。最初にとったのはなに?」
B「ピザじゃん」
A「ブー、誕生日(もしくは歳)を先にとったではありませんか」

これは結構難しいんではないかと思われます。


・バスの運転手・

A「あなたはバスの運転手です。最初に10人乗って次のバス停で3人乗って、次のバス停では8人乗ってきました。バスの運転手は何歳?」
B「えっと…10+3+8は…21歳?」
A「ブー、最初に「あなたはバスの運転手です」って言ったじゃん。自分の歳答えればいいんだよ。」

最初のバスに乗っている人数は、自分の好きなように変えて言いと思います。
自分も初めて聞いたときの最初の人数って忘れてますからね…。


・風邪?・

A「ある男の子が、「風邪」という事にして、学校を休みました(サボりました)。すると、外から「モー」と鳴き声が聞こえて蝶が飛んできました。さて、男の子の病名は?」
B「盲腸…風邪…かな。」
A「ブー、仮病だよ。「「風邪」という事にして」だから、風邪なんて引いてなかったんだし、モーと言う鳴き声と蝶が飛んでくるくらいで盲腸はないっしょ!」

この問題は、文をきちんと読んでいれば、間違えることはないでしょう。
ただ、答えが「風邪」か「盲腸」か「仮病」の三通りあります。

トップへ戻る

inserted by FC2 system